消防設備点検

火事はいつ何時発生するかわかりません。その為消防設備は24時間、機能していなければその能力を発揮することはありません。火災により物品の損失はもちろん、近隣への迷惑や信用失墜など、経営に与える影響は多大です。そのことからも火災予防は経営者や管理者の皆様に掛かる責任は大きいと言わざるをえません。

 

​点検の義務

消防設備は定期的に点検し、消防署へ点検結果を報告する義務があります。
消防法で定められた建物、人の出入りが多い建物は防火対策の為のスプリンクラーの設置が義務付けられていますが、最近ではこれに替わる最新の自動消火システムも開発されました。
当社ではこうした施設の防火システムを最新の設備によって万一のときでも安全に、より最適な状態で稼動するように、防火システム専門の技術者が設計から施工まで行います。
施工後、お客様とのご契約に基づき志向したシステムがいかなる状態においても完璧に稼動する様、サービスエンジニアが定期的にお伺いし保守点検サービスを行います。