防災備蓄

 

災害大国日本。

災害は時を選ばずいつどんな状況で起きるかは予測が困難です。

関東、東海地方に至ってはこれから30年以内にマグニチュード8〜9クラスの巨大地震が起こる確率は70%以上と言われています。

 

そうした中、当社は民間企業、官公庁に向けて防災備蓄品の販売を行っています。

防災備蓄には、水、食料はもちろんの事、救助資機材、プライベート用品などと災害時には必要不可欠なものは計り知れません。

我が国日本は95'阪神淡路大震災、04'新潟県中越地震、11'東日本大震災、16'熊本地震、その他にもありとあらゆる災害を経験してきました。その経験を活かし、現在では災害時のために備えておきたい防災備蓄用品が数多く開発されています。

当社はそうした中でも地域の特性、お客様のニーズに合った備蓄用品を提案し、日本の災害における予防、対策に努めています。