二次的交通事故をご存知ですか?

車両事故や故障等で路肩に駐停車した際に起こる後部からの追突事故が近年増加しています。

 

日本では三角表示板と発炎筒は法律の定めにより多く普及していますが、その設置方法が危険で困難でした。

 

セーフアローは車の上部、側部、後部どこにでも簡単に取り付けが可能です。

24個の高耀度LEDが後続車両をスムーズに矢印方向へと誘導します。

 

車体に設置するだけで昼間は200m後方、夜間には500m後方からでも認識可能です。

専用ハードケース付きで、場所をとらず容易に常時車内に保管できます。

​セーフアロー

走行中、運転者の視力は、停止時に比べ30%減少し、夜間には50%減少します。

高速走行時においては、視力と認知力減少により反応時間が著しく減少されます。

セーフアローを使用することによって、矢印の形とLEDが昼間、夜間に視認性を高め、後方車両の認知力が増加し二次的交通事故の危険性をはるかに減らすことができます。

取付け例
簡単設置で誘導棒としても使用可能